top of page

最新記事リスト

Qlik Sense アプリ作成のメモ

更新日:2023年9月26日



 

よく調べる数式や構文などをメモしておきます。

 

▼アプリ内の標準書式を日本書式にする

Qlik Sense Businessでアプリを作成する際の最初のひと手間です。スクリプトエディタの一番最初の部分を下記に置き換えます。

SET ThousandSep=',';
SET DecimalSep='.';
SET MoneyThousandSep=',';
SET MoneyDecimalSep='.';
SET MoneyFormat='¥#,##0;-¥#,##0';
SET TimeFormat='h:mm:ss';
SET DateFormat='YYYY/MM/DD';
SET TimestampFormat='YYYY/MM/DD h:mm:ss[.fff]';
SET FirstWeekDay=6;
SET BrokenWeeks=1;
SET ReferenceDay=0;
SET FirstMonthOfYear=1;
SET CollationLocale='ja-JP';
SET CreateSearchIndexOnReload=1;
SET MonthNames='1月;2月;3月;4月;5月;6月;7月;8月;9月;10月;11月;12月';
SET LongMonthNames='1月;2月;3月;4月;5月;6月;7月;8月;9月;10月;11月;12月';
SET DayNames='月;火;水;木;金;土;日';
SET LongDayNames='月曜日;火曜日;水曜日;木曜日;金曜日;土曜日;日曜日';
SET NumericalAbbreviation='3:k;6:M;9:G;12:T;15:P;18:E;21:Z;24:Y;-3:m;-6:μ;-9:n;-12:p;-15:f;-18:a;-21:z;-24:y';

▼QVDファイルを生成する構文

Store テーブル名 Into [lib://DataFiles/出力ファイル名.qvd];

「テーブル名」は、Qlik Senseにロードした後のテーブル名です。LOAD文やデータモデルビューアで確認できます。

(※参考 Qlik SenseでのQVD生成:クリックジャパン公認ブログ「Qlik Space」より)



※出力するQVDファイル名を変数(出力日付)にしたいときは、下記のような記述で対応できます。

//日付ごとのサンプル
LET vDate = Today();
Store テーブル名 Into [lib://DataFiles/出力ファイル名_$(vDate).qvd];
//週ごとのサンプル
LET vWeek = year(Today())&'_'&week(Today());
Store テーブル名 Into [lib://DataFiles/出力ファイル名_$(vWeek).qvd];

▼CSVファイルを生成する構文

STOREを使って、CSVファイルの出力も可能です。

STORE テーブル名 into [lib://DataFiles/出力ファイル名.csv](txt);




おわり

閲覧数:65回0件のコメント

Comments


bottom of page