top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真u st

Qlik SenseでデータをCSV出力させたい!

更新日:3月29日

Qlik Senseで加工したデータを、CSV出力する方法を紹介します。

今回は、Qlik Senseでテーブル同士をJoinしたデータをCSV出力してみます。


▼手順


 ①テーブルをjoinします。

  join(テーブルA)と記載することで、その後に続くテーブルを、テーブルAにjoinできます。

  上記キャプチャの例では、売上明細テーブルに商品マスタをjoinしています。


 ②STORE句で、joinしたテーブルをCSV出力します。

  STORE テーブル名 into [lib://接続名/出力ファイル名](txt または qvd);

  上記のように記載することで、CSV出力することが可能です。


  例)csvで保存したい場合

    ※末尾の()は省略可能です。

    STORE テーブル名 into [lib://接続名/出力ファイル名.csv](txt);

    STORE テーブル名 into [lib://接続名/出力ファイル名.csv];


  例)qvdで保存したい場合

    ※末尾の()は省略可能です。

    STORE テーブル名 into [lib://接続名/出力ファイル名.qvd](qvd);

    STORE テーブル名 into [lib://接続名/出力ファイル名.qvd];


  csvとqvdのファイルの違いは以下です。

  ・csv(txtファイル)で保存:テキストエディタでデータの内容を確認できます。














 ・qvdで保存:

  Qlik 製品用に最適化されたQlik 独自のファイルです。

  データの取り込みが非常に高速で、ファイルサイズも圧縮される特徴があります。






















以上、Qlik SenseでCSV出力する方法でした。

是非お試しください。

閲覧数:53回0件のコメント

Σχόλια


bottom of page