top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真Lily

アプリの自動バックアップ方法

更新日:2023年9月27日

Qlik Sense SaaS上のアプリ(qvfファイル)をバックアップ目的で、

自動エクスポートしたい場合、1つずつ手動で実施するのは大変です。


この記事でご紹介する方法を利用すると、自動かつ簡単に、

対象のスペースにあるアプリのバックアップを取得できます。

ぜひ一度、お試し下さい!



  • 事前準備 1)Qlik CLIのセットアップ   この方法では、Qlik CLIを利用します。   以下の記事を参考にコンテキストを作成してください。 https://www.sensuke-kuriyama.com/post/qlik-cli 2)jqコマンドを利用可能にする   以下のサイトから.exeファイルのダウンロードします。 https://jqlang.github.io/jq/download/   ※OS等に適したものをダウンロードしてください。


  ダウンロードできたら、ファイル名を「jq.exe」に変更します。

 3)QlikSaaSExportSpaceApps.batのダウンロード    以下サイトから「QlikSaaSExportSpaceApps.bat」をダウンロードし、    「jq.exe」を配置したフォルダに配置します。    https://github.com/jptneumann/QlikSaaSExportSpaceApps


     バッチファイルは改行コードがLFのため、Windows環境の場合は、      CR+LFに変更して保存し直します。

 4)QlikSaaSExportSpaceApps.batの実行    コマンドプロンプトを立上げ「QlikSaaSExportSpaceApps.bat」と「jq.exe」を    配置しているフォルダに移動します。    「QlikSaaSExportSpaceApps.bat[半角スペース][スペース名]」を実行します。    例)スペース名が「test_space」の場合      QlikSaaSExportSpaceApps.bat test_space 

 5)アプリがエクスポートされる    4を実行後、「QlikSaaSExportSpaceApps.bat」と「jq.exe」を配置している      フォルダにアプリがエクスポートされます。


   6)batファイルをスケジュール登録する    定期的にバックアップを取得したい場合、Windowsのタスクスケジューラ等を    利用し、bat実行をスケジュール登録します。

  • 補足 Qlik CLI は、外部インターネット接続を行い、Qlik Sense Enterprise SaaSへの 接続を行います。外部インターネット接続時に、プロキシサーバを経由する場合、 Qlik CLI からQlik Sense Enterprise SaaS に接続できない可能性があります。

閲覧数:30回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page