top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真Lily

Qlik Sense Business(トライアル環境)でのユーザー招待方法

更新日:2023年8月31日

Qlik Senseでは、30日間無償トライアルを行うことが可能です。 ※トライアル時に申し込む環境は「Qlik Sense Business」といいます。


Qlik Sense Businessは以下から申込可能です。


複数名でトライアルを行いたい場合は、1名が上記より申込後、

ユーザーを招待します。


この記事では、ユーザーの招待方法についてご紹介します。


 

!注意!
招待メールを送信するには、テナント管理者である必要があります。テナント作成者に権限確認を依頼してください。
[管理コンソール]-[ユーザー]のユーザー一覧から[・・・]メニューを選択し、[役割の変更]-[管理者]にて「Tenant Admin」設定します。

■ユーザー招待手順

 1) ホーム画面右上のLancherメニューから「管理コンソール」を選択します。


 2) 画面左の「ユーザー」タブを選択します。


 3) 画面右上の「招待」を選択します。


 4) メールアドレス入力後、「招待」を選択します。

  ※カンマで区切ることで、複数のメールアドレスを一括指定可能です。   ※Qlik Sense Businessでは、50名まで招待可能です。


Qlik Sense Businessでは、上記手順で招待すると、自動的にProfessionalライセンスが

付与されるため、ライセンスの適用などは必要ありません。


また招待したユーザーが、正しく環境へログインしたかどうかについては、

「ステータス」タブを参照することで確認します。

※「アクティブ」と表示されている場合は、正しくログインされたことがわかります。


 

以上が、Qlik Sense Business(トライアル)での、ユーザー招待方法でした。

複数名でトライアル検証を行う場合に、複数名で申込を行ってしまうと、 それぞれにテナントが発行され、メンバー間でのアプリ等の共有を行うことができません。


Qlik Senseの「共有」機能をお試しいただくためにも、

申込は1名が行い、その他のメンバーは招待し、1つのテナン内で

ぜひトライアルを実施してみてください!

閲覧数:16回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page