top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真Lily

アプリを自動でエクスポートしたい

更新日:2023年6月19日

バックアップの1つとして、Qlik Senseのアプリをエクスポートしておく、

という方法が挙げられます。


ただし、アプリのエクスポートはQlik Management Console(QMC)からしか

操作を行うことができない他、毎回手動でエクスポートの処理を行うのは面倒です。



今回は、Qlik CLIという機能を用いて、アプリを自動でエクスポートする

方法について、ご紹介します。


大まかな手順は以下の通りです。


1.Qlik CLI のインストール

2.「QRS_ExportApp.ps1」の 修正

3.「QRS_ExportApp.ps1」の 実行

4.タスクスケジュールの設定


 

1.Qlik CLI のインストール

   ▼Qlik CLIとは?   ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------   Qlik Sense 環境を管理するためのコマンドインターフェースを提供するPowerShell

  モジュールです。Qlik CLI Windows を Qlik Sense サーバーにインストールすること   で、PowerShell からアプリをエクスポートできます。Qlik Community のページに   利用法等記載がございますため、こちらを参考にご利用ください。


 <参考情報>

 ・Qlik-Cli-Windows のコマンド一覧   https://ahaydon.github.io/Qlik-Cli-Windows/

 ・Export-QlikApp コマンドについて   https://ahaydon.github.io/Qlik-Cli-Windows/Export-QlikApp.html

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 ▼インストール方法

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  1)以下より Qlik-Cli-Windows-master.zip をダウンロードします。   https://github.com/ahaydon/Qlik-Cli-Windows   2)以下の手順を参考に、Qlik CLI を Qlik Sense サーバーにインストールします。

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------



2.「QRS_ExportApp.ps1」の 修正

  1)以下のサイトより、「QRS_ExportApp.ps1」をダウンロードします。


   ▼Qlik-Sense-QRS-API---Export-SenseApp

    Script to export/download app from Qlik Sense Server


  2)「QRS_ExportApp.ps1」を修正します。

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  $FQDN = "サーバ名"

  #$FQDN

  $appid = "アプリID"

  $exporedtFolderPath= "アプリをエクスポートするパス"

  $exportedAppName = "エクスポートするアプリ名"

  #$appid

  $hdrs = @{}

  $hdrs.Add("X-Qlik-Xrfkey","examplexrfkey123")

  $hdrs.Add("X-Qlik-User", "UserDirectory=ユーザのディレクトリ名;UserId=ユーザ名")

  #$hdrs

  $xrfkey="examplexrfkey123"

  #$xrfkey

  $cert = Get-ChildItem -Path "Cert:\CurrentUser\My" | Where {$_.Subject -like '*QlikClient*'}

  #$cert

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------



3.「QRS_ExportApp.ps1」の 実行


 1)「QRS_ExportApp.ps1」をQlik Senseのサーバに配置します。

 2)Powershell を起動し「QRS_ExportApp.ps1」の配置先にディレクトリを移動します。

 3)「.¥QRS_ExportApp.ps1」を実行します。

 4)開始時刻と終了時刻が表示されます。

     ▼実行時の結果例

   -------------------------------------------------

    PS C:\QVF_Backup> .\QRS_ExportApp.ps1

    Start Time is: YYYY/MM/DD hh:mm:ss

    Finishedt Time is: YYYY/MM/DD hh:mm:ss

   -------------------------------------------------

   5.)終了時刻が表示されたら、出力先にアプリが生成されたことを確認します。



4.タスクスケジュールの設定

 

 自動的に処理が実行されるように、「QRS_ExportApp.ps1」の 実行スケジュールを

 Windowsのタスクスケジューラなどに設定します。


 

以上が、Qlik CLIを用いた、アプリの自動エクスポートの方法でした。

Qlik CLIを用いることで様々な処理を自動化することができます。

ぜひ、Qlik CLIを活用し、Qlik Senseをさらに楽に運用していきましょう!

閲覧数:21回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page