top of page

最新記事リスト

GA4(Google Analytics4)からデータを読み込み!

更新日:2023年9月26日


 

Qlik SenseのGoogle Analytics4コネクターを使ってみました


 

※2023年9月時点のQlik Sense Businessを利用しています。

 

2023年7月1日からGoogle AnalyticsがGA4に移行したということで、新しく追加された「Google Analytics4」コネクターで接続とリロードを試してみました!


下図の右列にある「Google Analytics4」コネクタをクリックして使用します。


Google Analytics4コネクターの利用には、事前にGoogleアカウントによるGA4プロパティの設定が必要です。今回はひとまず下記のサイトなどを参考に準備してみました。

> Googleヘルプ:
[GA4] アナリティクスで新しいウェブサイトまたはアプリのセットアップを行う 

また、旧GAコネクタではクエリを作成して発行していましたが、GA4コネクタではディメンションや指標をコネクタ設定で指定できるようになっています。その際に下記サイトの情報を参考にしてみました。

> 株式会社真摯:GA4ディメンションと指標の日本語名 
 

Google Analytics4 コネクターの接続作成手順


接続作成の流れは「旧Google Analyticsの接続」の時とほぼ同じ手順です。(※ 画像はGoogle Analyticsコネクタの画像ですが、Google Analytics4に読み替えてご参照ください)


▼[Authenticate] をクリックして、Google Analytics4を利用できるユーザの認証を行います。



▼認証するGoogleアカウントを選択します。


















▼認証が完了すると、別のタブが開いて下記のような接続コードが表示されるのでコピーします。

[Copy to Clipboard] をクリックするとコピーできます。


▼コピーしたら、元のタブに戻って下さい。コピーしたコードを貼り付けて [Verify] します。


▼下のようになるので [接続のテスト] をします。

※下のようにならない場合は、お使いのGoogleアカウントのGoogle Analytics4利用設定を確認してください。


成功しました!!

[Close] します。

 

GA4データのリロード項目の設定


上記の手順で接続ができると次のような画面に遷移します。ここからはGA4独自の手順となります。


[ListAccounts] を選択し、「name」の値を右クリックメニューからコピーします。


[ListProperties] を選択し、「Parent filter」に先の手順でコピーした値を貼り付けた状態で[Preview data]ボタンをクリックします。


[Preview data]ボタンをクリックして返された結果から、ロードするGA4プロパティを右クリックメニューからコピーします。



★参考★

GA4のプロパティIDは、下図のGA4ホーム(https://analytics.google.com/)から確認できました。


[RunReport] を選択し、各パラメータに必要な情報を入力していきます。


① 一番上のフィールド

先の手順でコピーした値(例では properties/*********)を貼り付けた状態で[Preview data]ボタンをクリックします。


② Dimensions (comma separated)

GA4からリロードするディメンションを指定します。カンマ区切りで複数指定できます。

②Dimensionsと③Metricsの内容については下記サイトを参考にさせていただきました。
https://cinci.jp/docs/ga4-dimensions-and-metrics-in-japanese.html

③ Metrics (comma separated)

GA4からリロードする指標を指定します。カンマ区切りで複数指定できます。


④ Date range

GA4からリロードするデータの期間を指定します。

Date rangeについては、日付形式「YYYY-MM-DD」を使用します。次の値も受け入れられます。
NdaysAgo「例:30daysago」
yesterday「昨日」
today「今日」
例えば「2023年1月1日から本日まで」と指定する場合は「2023-01-01,today」となります。「30daysago,yesterday」とすると「30日前から昨日まで」となります。
下記URLもご参照ください。
(https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/data/v1/rest/v1beta/DateRange)

▼[Preview data]ボタンをクリックすると取得できるデータのサンプルが確認できます。必要な項目にチェックを入れて[次へ]をクリックします。



▼Qlik SenseのGongol Analytics接続画面を表示して[DataFromQueryURI]にチェックを入れます。Query Explorerで作成したクエリーをコピーして貼り付けてください。


クエリーを貼り付けたら[Preview data]をクリックして結果を取得してください。データの取得後は通常のアプリ作成のように次へ進んでいってください。


以上です。

 

【参考】


閲覧数:45回0件のコメント

Commenti


bottom of page