top of page

最新記事リスト

Qlik Sense シート上でデータをリロードしたい

更新日:2023年9月26日

Qlik Senseでデータをリロードする際に、データロードエディタに遷移するのが面倒なのでシート上にボタンを配置してみました。[ボタン]チャートに[データのリロード]アクションを追加すれば簡単です。

 

下図のようにシート上にボタンを配置しました。[リロード]ボタンをクリックするとリロードが実行されデータが更新されます。データ準備しながらアプリ作成している時など、データを加工して確認のためリロードするというのがボタンでできるので捗ります。



■設定方法

チャートの中から[ボタン]を選択しシート上に配置します。


















■ボタンのプロパティ設定

[アクションとナビゲーション]-[アクションの追加]にて「データのリロード」アクションを追加します。

[スタイル]-[基本設定]にて「タイトルの表示」オフにします。

[スタイル]-[境界線]にて「境界線の表示」オフにし[過度の半径]を調整します。

[スタイル]-[アイコン]にて「アイコンの表示」オンにし[アイコン]で「Reload」を選択します。

①アクションの追加

②タイトルの非表示

​③境界線の設定

​④アイコンの設定










■最終リロード時間の表示

ボタンをクリックするとリロードされますが、リロード完了の確認ができるように最終リロード時間を表示しておくと便利です。

チャートの中から[テキストとメジャー]を選択して数式をセットします。


▼数式サンプル)

=ConvertToLocalTime(ReloadTime(),'GMT+09:00') &'_最終リロード'

ReloadTime() 関数:リロード時間を返します。 ConvertToLocalTime関数:時間表記をローカル環境の標準時間で表示します。


※ConvertToLocalTime関数については関連記事もご参照ください。

​①テキストとメジャーの配置

​②数式の設定






 

以上がシート上にリロードボタンを配置する設定でした。

閲覧数:138回0件のコメント

関連記事

すべて表示

日時データを日本時間で表示したい_ConverttoLocaltime関数

ConvertToLocaltime関数で、GMT標準時間をJST日本時間に変換して表示することができました。今回はQlik Senseアプリのシート上に「最終リロード時間」を表示したいと思い「ReloadTime()」関数を使ったのですが、表示された時間がGMT標準時間だ...

Comentários


bottom of page