top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真Lily

Qlik Senseの「ビジネス用語集」とは・・?

更新日:2023年8月31日

Qlik Sense SaaSの新機能「ビジネス用語集」をご存知ですか?

ビジネス用語集は、Qlik Senseで使用する用語の「定義」を共有することができる機能で、

各ユーザーがデータに対する共通理解を深めた上で、意思決定することを手助けします。



ビジネス用語集の活用方法


例えばアプリ内で出てくる「売上」「利益」「数量」「顧客数」などの用語について、

具体的にどのように数式が使われ、どう定義されているのかについて、

ユーザーは全員、きちんと理解できていますでしょうか?

人や組織間で、各用語に対する定義が異なる場合、同じQlik Senseの画面を

参照していても、データの読み取り方が異なり、誤解を招く可能性もあります。

Professionalライセンスが割り当てられた開発ユーザーについては、

既存の「マスターアイテム」機能を活用することで、数式などを

確認することはできますが、あくまで編集画面でしか確認できず、

参照画面から直接確認することはできませんでした。

「ビジネス用語集」を活用すると、ライセンスの種類を問わず全てのユーザーが、

気になったときにすぐ、参照画面で各用語の定義を確認できます。

主要なビジネス用語について、ユーザーが共通の理解を持つことは、

合理的な意思決定を手助けするだけではなく、

組織における「データ民主化」の促進にも繋がります。


事前準備

ビジネス用語集は、Qlik Sense SaaSをご利用中の場合、追加料金等必要なく、

すぐに利用を開始していただくことが可能です。

ビジネス用語集を作成するユーザーは以下の権限が必要です。

・「Steward」権限

 ※管理コンソールの「ユーザー」タブの「役割の変更」から付与します。

・ビジネス用語集が存在するスペースに対しての「管理可能」権限


またビジネス用語集はスペースの「閲覧可能」権限が与えられたユーザーは

全員確認することができますが、用語の追加申請などを行いたい場合は、

スペースの「管理可能」もしくは「寄与可能」権限が必要です。


作り方の概要


①ビジネス用語集を作成する権限が与えられたユーザーでハブ画面にログインします。

②画面右上の「新規追加」から「用語集を作成」を選択します。


③「用語集の詳細」-「詳細」タブが開かれるため、以下を設定します。  ・名前:用語集の名前  ・説明:用語集にどのようなコンテンツが含まれるかなどの説明  ・スペース:用語集を格納するスペース  ・タグ:ユーザーの整理と検索のためのタグ(複数指定可能)


④「用語集の詳細」から「用語」タブに移動し、右上の「作成」-「用語」を選択します。 ⑤用語の名前や定義など、必要な項目を入力します。

 ※名前を入力すると、自動的に保存されます。



便利機能

 必要に応じて、用語のカテゴリや、登録時のテンプレートを設定したり、

 用語集へのリンクボタンをアプリのシート内に用意しておくことで、

 よりこの「ビジネス用語集」を便利に利用いただけます。

 これらの設定方法の詳細につきましては、ヘルプサイトをご確認いただくか、  メーカー主催のウェビナーの動画をご確認ください。


 ▼Qlik Cloud ヘルプ    - ビジネス用語集を使った作業


 ▼Qlik TECH TALK セミナー

   - 組織の用語を定義してデータの理解とガバナンスを促進~Qlik Cloud ビジネス用語集


閲覧数:64回0件のコメント

Comments


bottom of page