top of page

最新記事リスト

Qlik SenseでOffice365 Sharepointに接続してみる!

更新日:2023年9月26日

Qlik Sense はDesktop版からSaaS版になって、様々な外部データとの接続がより簡単になりました。今回はMS Sharepointコネクターでの接続作成手順を記載しています。

 

Desktop版のときは、WebConnectorを別途でダウンロードして、多少の設定が必要だったのですが、SaaS版ではデータ接続画面に最初から様々な外部データへの接続アイコンが表示されています。


ちなみに、私の環境ではこんな感じになっています。↓

よく分からないのもたくさんありますがいろいろとできそうです。



Office365 Sharepointコネクターが、上図だと左列の真ん中より少し下あたりにありました。こちらのSharepointコネクターで接続すると、Sharepointサイト上のデータ取込やStore句での出力ができるようになります。

 

Office365 SharePoint コネクターの接続作成手順


▼SharepointサイトのURL確認

Qlik Senseから接続を作成する前に、接続先となるSharepointフォルダのURLを確認しておいてください。


下記の環境では、「qlik-sharepoint-test」というサイトのURLを確認しています。

「https://******.sharepoint.com/sites/qlik-sharepoint-test/・・・・・」


******.sharepoint.com ⇒ 接続作成時に設定する「Base URL」です

sites/qlik-sharepoint-test ⇒ 接続作成時に設定する「Site/Subsite Path」です


▼Sharepoint接続作成

[Office365 Sharepoint] をクリックして、BaseURLとSite/Subsite Pathを設定します。


Authenticate] をクリックして、Sharepointユーザの認証を行います。

画面に沿って認証コードを取得し、貼り付けて[Verify]します。

その後[Test Connection]で接続テストします。


これで、Sharepoint接続が作成完了です。

 


閲覧数:162回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page