top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真u st

新チャート!ストレートテーブルの特徴

Qlik Senseのカスタムオブジェクトである「ビジュアライゼーションバンドル」に、

新しいストレートテーブルが追加されました。

(※C-M版では、May2023以降のバージョンで使用可能です。)
















特徴①

項目を一気に追加できるようになりました!

今までは項目を一つずつ追加する必要がありましたが、

チェックボックスにチェックを入れることで一気に項目を追加できます。
















特徴②

チャート探索で、表示項目が選択可能になりました!

この機能で、Analyzerの人でも分析画面からストレートテーブルの表示項目を選択できます。














チャート探索は、[スタイル]タブから表示させることが可能です。














上記キャプチャの[可視化オプション]を[最小化]に設定しておくと、

デフォルトで画面上に表示させず、右クリックの[チャート探索]で表示させることが可能です。














特徴③

ページネーションで現在何ページ目かを表示できるようになりました!

スクロールして確認するのではなく、ページごとに確認することが可能です。















ページネーションは、[スタイル]-[プレゼンテーション]の

[ページネーションを使用]から表示させることができます。















特徴④

複数ページのPDF出力ができるようになりました!

テーブルの現在の表示部分のみPDF出力が可能でしたが、

表示部分以外も複数ページに沿って出力することが可能です。



















標準のテーブルチャートも引き続き利用可能ですが、

新しく出てきたストレートテーブルは機能が追加され、非常に便利です。


是非ご活用ください!





閲覧数:30回0件のコメント

Comments


bottom of page