top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真u st

新しくなったピボットテーブル!

Qlik Senseのカスタムオブジェクトである「ビジュアライゼーションバンドル」に、

新しいピボットテーブルが追加されました。

(※C-M版では、February2024以降のバージョンで使用可能です。)














特徴①

ヘッダーの項目が横並びになりました!

左側がカスタムオブジェクトの新しいピボットテーブルで、

右側がこれまでの標準チャートのピボットテーブルです。(下記キャプチャ)














特徴②

項目のソートができるようになりました!

これまでは項目ごとにソートをかけることができませんでしたが、

項目名の3本線を選択することで、ソートをかけることが可能です。
















特徴③

列幅のカスタマイズが可能になりました!

これまでも分析画面上から、ドラック&ドロップでサイズ調整が可能でしたが、

ピクセル数など、より詳細に列幅を調整することが可能です。
















特徴④

NULL値のカスタマイズが可能になりました!

NULL値の表示を簡単に変更できるようになりました。
















特徴⑤

合計値やNULL値の色分け設定などができるようになりました!

合計行を色分けすることで、より見やすくなりました。













[スタイル]-[スタイル指定]から設定可能です。















標準のピボットテーブルも引き続き利用可能ですが、

新しく出てきたピボットテーブルは機能が追加され、非常に便利です。


是非ご活用ください!

閲覧数:43回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page