top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真u st

新機能!QlikのExcel表形式レポート ~レポート作成編~

Qlik Sense SaaSの新機能、Excel表形式レポートについて紹介します。













Excelアドインを使って、Qlik Senseで作成したデータやチャートを使用し、

Excelでレポートを作成することが可能です。

作成したレポートは、メールやMicrosoft SharePointに配信できます。 Excelアドインなどの設定方法は、下記資料をご参照ください。

※ExcelAPI 1.9 以降を備えた Microsoft Excel が必要です(ExcelAPIのバージョン)。


●Qlik TECH TALK セミナー:Qlik Cloud レポーティング新機能~Excel 形式のレポートを配信

●メーカー資料

 https://www.slideshare.net/slideshows/qlik-cloud-excel/265992473 ●ブログ(Qlik Sense SaaSでExcelレポートを作成してみよう!)

このブログでは、今回の新機能でできることをざっくり紹介していきます。

















今回私は、上記のようなレポートを作成してみました。

キャプチャ下部の赤枠のように、各年ごとの状況に分けてシートを確認できます。 1つずつ説明していきます。


▼チャートの追加  [チャートを追加]から簡単に設定できます。



▼テーブルの追加

 チャートと同様、[テーブルを追加]から追加するだけです。

 今回は上記円チャートを、テーブルとして追加してみました。













追加するとキャプチャ左側のように<TpJBJ>と表示されますが、

下記画面からプレビューをダウンロードできるため、確認してみます。














プレビューとして手元にExcelファイルをダウンロードすると、

下記のようにきちんとテーブルとして表示されていることが確認できます。















▼レベルの追加

 











上記のように、1つのKPIチャートを軸ごと(今回は大分類ごと)に表示させたい場合は、

「レベル」を追加することで設定可能です。












追加したい項目のチェックボックスにチェックを入れた状態で[追加]を押すと、

下記キャプチャ左のように3行追加されます。














続いて下記のように、2行目と3行目の間にチャートを追加します。











こちらもプレビューでExcelファイルをダウンロードし、確認してみます。












このようにQlik Sense側で用意した1つのKPIチャートを使って、

大分類ごとに売上金額を確認するレポートを簡単に作成できました。



▼ページの追加

 ページは、各シートで「年」ごとや「支社」ごとに確認したい場合、非常に便利です。















ページを追加するだけで、簡単に設定可能です。














▼変数・数式の追加

 今回私は設定していませんが、変数や数式を追加することも可能です。

 変数:アプリに含まれる変数を指定することが可能

 数式:アプリに含まれる項目を使用し、数式を指定することが可能 

    ex)Sum(売上金額) / 1000












作成したレポートは、メールやMicrosoft SharePointに配信できます。


下記のような設定を加え、配信することが可能です。

・レポートを受信する人やグループを指定する

・受信者や受信グループ・レポートタスクごとに、フィルターをかけて配信する

・配信するスケジュールを設定する


レポートの配信設定については、別のブログ記事として投稿します。

皆さまも是非ご活用ください!

閲覧数:37回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page