top of page

最新記事リスト

Qlik Senseの折れ線グラフで将来予測を行う方法

更新日:2023年9月26日

Qlik Senseの折れ線チャートで簡単に将来予測グラフを作成することができます。この記事はフォアキャスト機能を利用した作成手順です。


 

※2023年8月時点のQlik Sense Businessを利用しています。

 
<折れ線チャートの作成>
まずは基本となる折れ線グラフを作成します。
コチラの記事をご参照下さい⇒ Qlik Sense折れ線グラフの作り方

 
<フォアキャスト(将来予測)の設定方法>

作成した折れ線グラフのプロパティで[フォアキャスト]を設定します。

[フォアキャスト]の設定には条件があるので確認ポイントを挙げておきます。


① 1軸1メジャーの折れ線グラフであること

② 軸が日付形式(もしくは数値)であること

③ X軸の目盛りが「連続」になっていること


※先の手順で作成した折れ線グラフは「年月」が文字列なので対処が必要です。


▼メジャーのプロパティ

[フォアキャスト]のスイッチをONします。

※ここで[フォアキャスト]メニューが表示されていない場合は、上述の3つの条件を確認してください。この記事のサンプルは次の手順(▼「年月」の修正)もご参照ください。

​1.[フォアキャスト]をON

​2.メソッドと信頼度レベルを設定




▼「年月」の修正Date#()関数で日付形式に変換します)

⁼Date#(年月,'YYYY年MM月')

​「年月」の数式を修正します

​修正後のイメージです





▼軸のプロパティ

軸(年月)のプロパティで[フォアキャストステップ][ステップサイズ]を設定します。

・フォアキャストステップ:将来予測の数です。

・ステップサイズ:将来予測の1ステップの大きさです。

下図では「フォアキャストステップ:6」「ステップサイズ:1 / 月」と設定することで、将来6ヶ月の予測を表示しています。ステップサイズを2にすると2ヶ月×6ステップで12ヶ月の予測になります。

設定はこれで完了です。

フォアキャストステップやステップサイズを変えながら、将来予測の状況を調整することができます。

 
▼将来予測グラフのサンプルイメージ

シート上で様々な条件で絞り込めば将来予測も変動します。

 

【参考】

Qlikヘルプ:時系列予測




閲覧数:94回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page