top of page

最新記事リスト

感染者の増加状況_コロナウィルス感染状況(2020/4/11 その2)COVID-19

更新日:2023年6月24日



 

その1に続いて、今度は「最近、感染者が増えている」国を確認してみました。

(※各グラフはクリックすると大きくなります)



【11週目から15週目の感染増加上位】

この1か月間の「感染者数の増加数」を確認しました。(※W11(3/8~3/14)からW15(4/5~4/11))

USが飛び抜けて多く、スペイン、イタリア、フランスと累計感染者数の多い国が続きます。








【11週目から15週目の感染増加(率)上位】

増加数で見ると、絶対数の大きいUSやヨーロッパ各国が上位となり、最近急増している国が隠れてしまいましたので、同じ期間での「増加率」を見ました。

すると、トルコが出てきました。その1の感染者数が多い国にも含まれていたので、この1か月で急激に感染が増加したのでしょう。(ちなみに、トルコの感染者数を確認すると、3/14に5名だったのが4/11には52,167名となっています)



【13週目から15週目の感染増加(率)上位】

さらに直近の2週間で確認しました。

(※W13(3/22~3/28)からW15(4/5~4/11))

すると、だいぶ顔ぶれが異なり、ナイジェリア、ギニア、リベリアなどアフリカの国が出てきました。コロナ関連のニュースではあまり聞かなかったアフリカですが、感染が増加し始めています。

ナイジェリアは10名→491名、ギニアは8名→250名となっています。


 

死亡者数の増加も確認しました。


【13週目から15週目の死亡増加(率)上位】

続けて、同じ期間で死亡者数が大きく増加した国を確認しました。ロシア、南アフリカ、エストニア、ホンジュラス、メキシコ、コロンビアと、ロシアや中南米地域が出てきました。これらの国は13週目には志望者数が一桁台のところが多く、増加率としては高くなりやすい国です。






【11週目から15週目の死亡増加(率)上位】

少し期間を遡り、1か月前からの増加率確認すると、ベルギー、イギリス、スウェーデン、アメリカと欧米各国が出てきました。 中でもベルギーが突出しています。ベルギーは3月14日に4名だったのが4月11日には3,346名になっています。 ここで、少し気になったのは、これらの国もほとんどが1ヶ月前には死亡者が一桁だったということです。 下表の左側が11週から15週の死亡者増加率上位国で、右側が13週から15週の増加率上位です。


 




以上です。

 

閲覧数:28回0件のコメント

댓글


bottom of page