top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真Lily

Qlik Sense 常に直近◯日間を選択しておきたい

更新日:2023年9月26日

Qlik Senseでアプリを開く際に、毎回フィルターから確認する値を選択するのではなく、 開かれたタイミングで自動で直近の日付を選択しておき、スムーズに情報を確認したい、

と感じたことはありませんか?


Qlik Senseの「ブックマーク」登録の際は、動的な値(例:直近◯日間など)を

設定しておくことが可能です。


今回は、アプリを開いた際に、常に直近7日間の情報が選択されている状態にする方法を

お伝えしたいと思います。

 

以下が設定方法の概要です。

  1. 対象の日付項目のフィルターパネルを用意する

  2. フィルターパネルの検索欄から、数式で選択したい範囲を入力する

  3. フィルターパネルで選択をかけた状態で、ブックマークを登録する

  4. 登録したブックマークを「既定のブックマーク」に登録する

 

それでは詳細な設定方法をお伝えします。


1.対象の日付項目のフィルターパネルを用意する

絞り込みの対象となる日付項目のフィルターパネルを作成します。


2.フィルターパネルの検索欄から、数式で選択したい範囲を入力する

編集完了後の画面で、フィルターパネルの検索ボタンから数式を入力します。


  例:直近7日間を選択したい

    

    =日付>=Today()-7


    ※数式内の「日付」は項目名です。対象の項目名を指定してください。

  上記のデータのように、今日の日付以降もデータが含まれている場合は、

  更に以下のように指定すると7日前~今日までの日付を選択できます。


  =日付>=Today()-7 and 日付<=Today()

  数式を入力すると、候補の日付が表示されるため、問題ないかを確認後、Enterキーを

  押下して、選択します。


3.フィルターパネルで選択をかけた状態で、ブックマークを登録する

フィルターパネルの選択が完了したら、ブックマークを登録します。

画面右上の「ブックマーク」から「新規ブックマーク作成」を選択し、

タイトルが入力できたら、「追加」を選択します。


4.登録したブックマークを「既定のブックマーク」に登録する

追加されたブックマークの黒い背景部分で右クリックし、表示されるメニューから

「既定のブックマークとして設定」を選択します。

この設定を行っておくことで、アプリを開いた際に、自動的にこの「直近7日間を

選択するブックマーク」が適用されるようになります。


 

いかがだったでしょうか?


このように非常に簡単に、動的な選択を行うブックマークが登録できます。


毎回アプリを開いた際に、決まった選択をされている方は、

こちらの設定で、効率化を目指してみてください。

閲覧数:76回0件のコメント

Comments


bottom of page