top of page

最新記事リスト

条件違いの集計値をAggr関数を使って合算する

機会としては多くないかもしれませんが、とある条件の場合は項目A、そうでない場合は項目Bの合計値を合算して出したいと思ったことはありませんか?

例えば、


「売上確定フラグ」が立っているものについては実績金額を、そうでない場合は予定金額を合算し、今期1年の(実績値も加味した)数値予定を出したい。


といった場合です。


KPIやテキストにIF条件で単純に記載するだけでは上記のような数値は取れません。
















上記のようなやり方では予定金額しか取れていません。


方法としてSET分析などでも修正することはできますが、

今回はAggr関数を使用して集計するやり方をお伝えします。


どのように集計するのか、以下の手順で確認していきます。


 

※2024年2月時点のQlik Cloud トライアル環境を利用しています。

 

<元データの確認>

さき程の例をもとに売上確定フラグが混じったデータを見ていきましょう。


■元データをテーブル表示したもの(一部抜粋)


すでに売り上げが確定した実績金額と今後の売り上げとなる予定金額があり、実績金額の上がっている行に関しては売上フラグが立っています。


 

<KPIの取得>

売上確定したものは実績金額を、確定していないものは予定金額を合算し、その合計値を算出します。


KPIチャートに以下の数式を記載して算出していきましょう。

Sum(
	Aggr(
		If((売上確定フラグ = '1'),
			Sum(実績金額),
			Sum(予定金額)
		),
	部門名, 担当者, 顧客名, 売上確定フラグ
    )
)

※Aggrの軸について 

 合計値として集計するだけであれば部門名、担当者、顧客名は必須ではありませんが、狙った分割単位での集計を確認できるため、今回は軸に追加しています。

 条件指定してある項目(今回のパターンでは売上確定フラグ)については、軸にないと正しい集計ができない場合があるので基本的には追加してください。


■KPI情報




無事、実績金額と予定金額の合算値を算出することができました。


フィルターパネルなどで絞り込むことで条件に合った数値予想を出すことができます。







 

今回はAggr関数を使って条件に合った数値の合算値を求める方法をお伝えしました。

メリットとしては複雑な条件や複数条件に合った数値の集計を行うことができる点でしょうか。

機会があればぜひお試しください


以上です

閲覧数:13回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page