top of page

最新記事リスト

第7回:Qlikデータモデル入門④ ~Qlikで学ぶデータ分析~

更新日:2023年4月22日



>【Qlikデータモデル入門①】 【】【】【④】【



各データパターンのQlik Senseへの取り込み

 

④ピボット形式のデータ(値が横に展開されている)

この形式のデータは、一見通常の表のように見えますが、下図のように本来は軸項目として保持されるデータが横に展開されているパターンです。よくあるケースとしては、年月などの時系列データが横に展開されたクロス集計表を取り込む例があります。



ピボット解除の操作イメージは次のとおりです。


1. データマネージャによるピボット形式の解除

データマネージャ画面にて、ピボット形式のデータを選択し、[このテーブルを編集]

アイコンをクリックすると、様々なデータ加工を行うことができます。その加工機能の

ひとつでもある「ピボット解除」を利用すると、ピボット計式のデータをテーブル形式

のデータに変更することが可能です。


▼データマネージャの加工画面


ピボット解除を適用すると、解除後のテーブルを確認することができます。

[ピボット.属性項目]と[ピボット.データ項目]として項目が生成されますので、内

容に合わせて項目名を変更して下さい。下図の例では、[年月]と[売上]に変更して

います。


2. ロードスクリプトによるピボット形式の解除

ピボットの解除はロードスクリプトでも実装可能です。CROSSTABLE句を使用しま

す。先のデータの例では、下図のように3列目の項目でピボット解除しており、属性項

目を[年月]、数値項目を[売上]として名前を付けています。(※CROSSTABLE句

の詳細についてはオンラインヘルプなどをご参照ください)


▼ロードスクリプトによるピボット解除の例


 

>【Qlikデータモデル入門①】 【】【】【④】【



閲覧数:49回0件のコメント

Comments


bottom of page