top of page

最新記事リスト

第7回:Qlikデータモデル入門② ~Qlikで学ぶデータ分析~

更新日:2023年4月22日


>【Qlikデータモデル入門①】 【②】【】【】【



各データパターンのQlik Senseへの取り込み

 

①単一のテーブルデータ

このモデルは非常にシンプルで、表をそのまま取り込めばデータモデルが出来上がります。

取り込むデータは単一なので、分析に必要な「メジャー(*)」と「軸(*)」が揃っていることを確認しましょう。

例えば、売上伝票データを分析する場合は、下図のように「金額」「数量」などのメジャーに加えて、「日付」「商品」「顧客」などの軸があり、軸データについてはコードと名称が含まれていることが望ましいです。

(*)「メジャー」と「軸」については、データ分析初心者編①をご参照ください



 

■Qlik Senseで取り込む際のつまづきポイント

単一のテーブルデータを取り込むケースでは、元データがExcelやCSVなどのファイルの場合が多いです。

通常は上図のように1行目に項目名が表記されますが、そうでないケースではデータの取り込みでのつまづきが起こりやすいです。次の2点はQlik Senseにて容易に対処できますので確認しておきましょう。


1.不要なヘッダー情報が含まれたデータ

2.項目名が存在しないデータ


1. 不要なヘッダー情報が含まれたデータ

下図のように、1行目や2行目にヘッダー情報が含まれているデータです。

この場合、データ分析に必要なデータは4行目以降なので、1~3行目は省略する必要が

あります。この作業はQlik Senseのデータ取り込み設定画面にて操作可能です。


【ヘッダー情報が含まれたデータの例】


取り込みデータの設定画面で[ヘッダーサイズ]を指定することで、不要なヘッダー情

報を省略することが可能です。操作イメージは下記の通りです。


▼[ヘッダーサイズ]指定前


▼[ヘッダーサイズ]指定後


2. 項目名が存在しないデータ

下図のように、1行目からデータ値で構成されており項目名が存在しないデータです。

この場合、Qlik Senseに取り込む際に分かりやすい項目名を設定することができます。


【項目名が存在しないデータの例】

項目名が存在しないデータを取り込む際は、[項目名]のプルダウンから「項目名が存

在しません」を選択します。そうすると、Qlik Senseにてダミーの項目名が指定される

ので、必要に応じて手動で変更することが可能です。


▼設定画面:下図では1列目の項目名を手動で「伝票番号」に変更しています。


 

②レイアウトが同じでファイルが複数に分かれたデータ


Qlik Senseはレイアウトが同じであれば、複数のファイルを単一のテーブルとして取り込むことができます。CSVやExcelなど、ファイルデータを元データとして利用する場合によくあるケースです。下図のように、機種ごとにファイルが複数に分かれるパターンや日付ごとにファイルが分かれるパターンがあります。



 

■レイアウトが同じデータの取り込みイメージ

下図のように、[2020年6月のファイル]と[2020年7月のファイル]は項目名がすべて同じです。この2つのファイルをQlik Senseに取り込むと、Qlik Sense内では一つのテーブルとして取り込まれます。



操作イメージは次の通りです。


1. データマネージャによる複数ファイルの取り込み

データマネージャを使用する場合は、1つ目のファイルを取り込んだ後に追加で同じレ

イアウトのファイルを取り込みます。取り込んだタイミングで単一テーブルとして結合

され、右図にあるようにアイコンが少し変化します。

※複数ファイルを取り込んだ時点で、単一テーブルにならない場合は各ファイルの項目

名が異なっていると考えられます。項目名をご確認ください。


2. データロードエディタ(ロードスクリプト)による複数ファイルの取り込み(ワイルドカード指定)

ロードスクリプトを編集することで、同じレイアウトのファイルをひとつのロード文に

てまとめて取り込むことが可能です。

下図のように、取り込むファイル名を「*」であいまい指定することができるので、同

じフォルダに定期的に生成されるファイルであれば、まとめて取り込めて便利です。


 

>【Qlikデータモデル入門①】 【②】【】【】【



閲覧数:29回0件のコメント

Comments


bottom of page