top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真u st

SET分析をGUIで設定!

皆さん、Qlik SenseのSET分析はご存知でしょうか? 複雑な条件になれば記載が難しいSET数式ですが、 今回はSET分析をGUIで設定する方法をお伝えしていきます。 SET分析とは何かを知りたい方は、下記ブログ記事をご参照ください。 SET分析再入門(SET分析の概要から、簡単な数式の作成まで) SET分析再入門2(SET分析の詳細と指定例) <方法①>数式の自動挿入方法を使う

1)シートの確認画面にて、SET分析に適用させたい項目を選択する。
















2)シートの編集画面で、SET数式を追加したいチャートの数式エディタを開く。   さらに画面左側から、項目と集計関数を選び、「set数式」にチェックを入れた後、

 「挿入」をクリックします。


















以上の方法で、現在選択している状況に合わせたSET数式を、自動で挿入することができました。

なお、不等号や関数を使用した複雑なSET数式についてはこの方法では実施できず、 手入力する必要があるため予めご留意ください。










<方法②> 標準編集モードを使用する(Qlik Sense SaaS環境のみ) まずQlik Sense SaaSには、シートの編集画面が「標準編集モード」と「詳細編集モード」の 2パターンあります。 ▼標準編集モード


▼詳細編集モード



「詳細編集モード」の方が、名前の通りより詳細な編集を行えます。 ただ今回のGUIでSET分析の設定を行う方法は、「標準編集モード」でのみ実施可能です。


1)「標準編集モード」にて、SET分析を適用したいチャートを選択し、   画面左側の「フィルター」から「追加」をクリックします。


2)項目を追加し、任意で値を設定します。















以上の方法で、SET分析を適用することができました。



また条件については、上記のような固定値以外にも様々な値を設定できます。











例えば下記のように設定することで、 売上金額が○○円以上の条件に絞って表示させることが可能です。


























<方法①>より柔軟性が高いため、こちらの方法もオススメです。

Qlik Sense SaaSを使われている方は、是非お試しください。


以上、SET分析をGUIで設定する方法でした。

閲覧数:22回0件のコメント

Comments


bottom of page