top of page

最新記事リスト

  • 執筆者の写真u st

新機能!QlikのExcel表形式レポート ~配信編~


前回の記事で、Qlik Sense SaaSの新機能である

Excel表形式レポートの作成方法について紹介しました。


今回は、作成したレポートをどのように配信設定できるか紹介していきます。


作成したレポートは、メールやMicrosoft SharePointに配信できることに加え、

下記のような設定を加えることが可能です。

・レポートを受信する人やグループを指定する

・受信者や受信グループ・レポートタスクごとに、フィルターをかけて配信する

・配信するスケジュールを設定する


配信設定については、アプリの[準備]タブの[レポート]から行います。














設定を一つずつ順を追って確認していきましょう。


▼レポートのアップロード

 [テンプレートをアップロード]から作成したExcelファイルをアップロードします。









私はExcelの[ファイル]タブより、[コピーのダウンロード]を選択し、

手元にExcelファイルをダウンロードしてからアップロードしました。













▼受信者情報の追加

 [受信者とグループ追加]より設定できます。

 設定は2通りあります。

 

1)データソースへの接続

  データロードエディタにて手動で受信者とグループを追加します。


2)新しいバージョン(.xlsx)をアップロード

  Excelファイルを使って受信者やグループを設定します。


  [ダウンロード例]を選択すると、下記のようなサンプルのExcelファイルが

  ダウンロードできるので、こちらを使って設定します。

  ※シート名・項目名を変更するとQlikで読み取ることができないため注意してください。













▼フィルターの設定

 送付するレポートに、フィルターをかけて配信することが可能です。

 今回の例では関東には2019年のデータに絞って、  関西には2018年に絞ったデータを送るように設定しています。

 

 例が少しわかりにくいですが、関西には「大阪支社、神戸支社、広島支社」のデータを

 送付するような設定を行うことが可能です。


※注意

 受信者情報の追加で、今回下記のようなExcelファイルを取り込みました。

 今回のように「Filters」の列に値が入っている場合、Qlik側で上記のように

 フィルターの定義設定をしないと配信タスクでエラーになるため、ご注意ください。



▼レポートタスクの設定

 最後は、レポートのタスク設定です。











[レポートタスクを作成]を選択すると、下記の画面に遷移します。

タスクの名前や説明、どのレポートを配信するか選択します。
















続いて、出力するファイル名・日付と時刻の書式・書式・フィルターを設定します。

書式は、Excelで送付するかPDFで送付するか選択できます。


またフィルターは、事前に作成しているフィルターを選択することで、

フィルターをかけでデータを絞った状態で送付することが可能です。

















さらに、受信者を選択し、メールの件名や本文を設定します。

※レポートをメールで送信する場合は、Qlik Cloud テナントに

 SMTP サーバーを構成する必要があります。詳細は下記を参照してください。




















メール以外に、Share Pointに配布も可能です。

※レポートを Microsoft SharePoint フォルダーに保存するには、

 スペースに Office 365 Sharepoint コネクタへの接続を作成する必要があります。

 詳細は下記を参照してください。










最後はスケジュールの設定です。

















以上の設定で、レポートタスクを実行することが可能です。















ぜひ試してみてください!

閲覧数:22回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page